大阪城北ロータリークラブ 組織構成 (理事会構成/地区委員)

大阪城北ロータリークラブ 組織構成

ロータリークラブ会員は各自1つ以上の委員会に属します。本年度の各役職及び各委員会の活動内容は以下の通りです。
※ 下記、ブルーの文字に活動詳細を記述しております。
■ 会 長 川本 晴男 (理事)
  本クラブ全体の活動を統括する。国際ロータリーの方針をクラブ全員に貫徹させるよう心掛ける。
■ 会長エレクト 中家 義明 (理事)
  次年度会長として現会長より的確な引継ぎを受け、次期のクラブ運営に資するものとする。
■ 副 会 長 西田 恵心 (理事・クラブ奉仕A担当)
  会長不在の場合に本クラブの会合、及び理事会の議長を務め会長任務を行う。
■ 幹 事 三木 一之
  クラブ運営に関するすべての実行に関し、指導を行い会長の意図を会員全員に伝達する。
■ S . A . A . 原田   渉
  クラブの会合に際し、会場の整備及び例会の進行を担当し、会合の品位・秩序の維持を図る。
■ 会 計 中川 泰一
  クラブすべての資金を管理保管し、年度ごとに決算書を作成する。
■ クラブ奉仕 (A担当) 理事 西田 恵心
 
職業分類委員会  委員長 芝川 又彦
 本クラブの存在する地域 (旭区、都島区) の職業分類の調査を行い、できるだけ多業種の会員を保持するように努力する。また、クラブ会員の職業分類を再検討する。
会員増強委員会  委員長 大坪 武彦
 本クラブの職業分類表を充填、未充填を検討し、未充填の職業分類を充填するために適当な候補者の氏名を理事会に推薦するよう積極的に努める。
会員選考委員会  委員長 上堀 博三
 会員に推薦されたすべての候補者を個人的な面から検討し、その人格及び社会的地位を綿密に調査し、会員としての適格性を審査するものとす。
■ クラブ奉仕 (B担当) 理事 伊藤 成幸
 
親睦活動委員会  委員長 穐山 昌隆
 会員間の親睦と友誼を推進し、クラブのリクリエーションおよび社交的諸活動への参加を奨励し、本クラブの一般目的遂行上会長または理事会が指示する任務を果たす。
出席委員会  委員長 後藤 喜司
 クラブ会員があらゆるロータリーの会合(地区大会・都市連合会・地域大会・国際大会等)に出席することを奨励する方法を考察する。特に本クラブの例会への出席と、本クラブの例会に出席できない場合他クラブの例会への出席とを督励する。また全会員に出席規定を周知せしめ、出席をよくするためのより良き奨励策を講じ、あるいは出席不良の原因となる諸事情を確かめてこれを除去することに努める。
プログラム委員会  委員長 高橋 久美子
 本クラブの例会における卓話を会員に割り振りし、実のある、時節に合った卓話を毎例会に実行できるよう立案、手配する。
■ クラブ奉仕 (C担当) 理事 新酒  武
 
ロータリー情報委員会  委員長 加藤 昭男
 @会員候補者にロータリークラブ会員の特典と責務に関する情報を提供する。
Aクラブ全員に会員の特典と責務について適切な理解を与える。
Bクラブ全員にロータリーの歴史、網領、規模、活動などの知識を与える。
Cクラブ全員に国際ロータリーの管理運営の動向についての情報を提供する。
広報活動は、広く世間一般に、ロータリーの歴史・目的・規模・活動に関する情報を提供すると共に、地域に本クラブのための適切な宣伝を行う方策を考案し、実施するものとする。
会報委員会  委員長 寺崎 正也
 毎例会の記録として会報を発行する。この事によってロータリー活動への関心を促して出席の向上を図り、親睦の推進、会員へのロータリー教育への寄与、クラブ会員の動静、地区及び世界各地のロータリー活動に関するニュースなどを伝える。
広報・雑誌委員会  委員長 古森  浩

 この委員会は、次の諸事項その他あらゆる方法によって機関雑誌(The Rotarian およびロータリーの友)を、本クラブ会員およびロータリアン以外の人々にも役立てるよう努めるものとする。
@機関雑誌(The Rotarian およびロータリーの友)に対するクラブ会員の関心を喚起し、時々その内容を紹介すること。
A年毎に雑誌月間行事を主催すること。
Bクラブ会員特に新会員の教育に雑誌を利用すること。
Cロータリアンでない部外の人々(講演者等)や機関(図書館・病院・学校等)に雑誌を贈るなど、これらの人々が雑誌に接する
機会を多くすること。
Dクラブ活動のニュースや写真などを機関誌に投稿すること。

規定委員会  委員長 大岡 弘治
 この委員会は、クラブ定款、同細則の整備に任じ、定款・細則を会員に周知せしめ、常にロータリーの諸規定を調査・研究して、必要なる事項を理事会に進言するものとする。
I.T.委員会  委員長 柴田  洋
 当クラブ保有のホームページの充実を計り、また、地区本部など他クラブとのインターネット上の意見交換を計る。
■ 職業奉仕委員会 委員長 金澤 利定
  本クラブ会員が各自の職業に関する諸責務を遂行し、その職業における水準を向上させる上に役立つ指導と援助を与える方策を考案し、これを実施する。
■ 社会奉仕委員会 委員長 久岡 敏博
  本クラブ会員が地域社会に対する諸責務を遂行する上に役立つ指導と援助を与える方策を考案し、これを実施する。
青少年活動委員会  委員長 常國 克輔
 社会奉仕の特定分野青少年に関する諸活動に対し、その責務を遂行する上に役立つ指導と援助を与える方策を考案し、これを実施する。
環境保全委員会  委員長 太田  修
 次世代への責務である環境保全はロータリー会員の最も関心を払わなくてはならない。そのため、会員に何ができるかを検討し、実現できることに対しては実施への計画を立案し、実施に移す。
■ 国際奉仕委員会 委員長 丸井 龍太郎
  国際ロータリーの責務の1つに国際奉仕がある。国際社会が平和で平等になるため、可能な方策を探り、至らざる国家、地域、人々に援助の手を差し延べることを目的とし、双子クラブ香港ペニンシュラRC、ハワイワイキキRC、マニラマカティRCとの友好親睦関係を維持し、協力体制を構築し、国際奉仕の道を探る。また、現在活動継続中案件(天津外国語学院奨学金制度、カンボディアに学校を造る運動賛助)の維持発展を計る。
世界社会奉仕委員会  委員長 角本 浩一
 本クラブとして国際理解、国際親善、国際貢献にでき得る案件を検討し、その実施へのプログラムを作成し、行動を起こす。
ロータリー財団委員会  委員長 野上 恭嗣
 会員がロータリー財団の目的とその事業について理解を深め、その活動に協力をするように指導し、推進する方策を考案する。とくに財団資金の提供協力者から人道尊重のため協力を仰ぐ。
米山奨学委員会  委員長 熊倉 勝敏
 米山奨学金は日本ロータリーの誇る制度であり、留学生の援助を主たる目的にしている。本クラブでもこれまで5名の留学生へ支援活動を行ってきた。この制度への理解を深め、その活動に協力するよう指導し、その協力を推進するに役立つ方策を考案し、実施する。

 

 


Rotary Shares

国際ロータリーテーマロータリー:変化をもたらす



フォトアルバム
フォトアルバム
 

国際ロータリー第2660地区


http://www.ri2660.gr.jp/
 

四つのテスト

四つのテスト 言行はこれにてらしてから 1)真実かどうか 2)みんなに公平か 3)好意と友情を深めるか 4)みんなのためになるか

1932年、ロータリアンのハーバート J. テイラーが「四つのテスト」を作り、その11年後、ロータリーはこれを倫理規範として採用しました。以下の問いに示されたこのテストは100カ国語以上に翻訳されています。


acrobat
PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。