大阪城北ロータリークラブ

大阪城北ロータリーバナー

大阪城北ロータリーバナー

バナーは、各クラブのシンボルです。全てのクラブによってデザインが違います。大阪城北ロータリークラブは旭区のシンボルの菖蒲をイメージしています。

2015〜2016年 大阪城北ロータリークラブの活動

第41代会長
新 堂  博

Hiroshi Shindo

広めよう!仲間の和と奉仕の輪
和く輪くするロータリーで iServe!

2017-2018 RI イアンH.S.ライズリー(Ian H.S. Riseley) 会長テーマ
『ロータリー:変化をもたらす』
『Rotary : Making a Difference』

2017-2018 2660地区 片山勉ガバナー(大阪東ロータリークラブ)
『個性を生かし、参加しょう』

 2017年〜2018年度の大阪城北ロータリークラブ第41代会長を拝名致しました。
「奉仕と親睦」は、ロータリークラブの2本柱であります。
ロータリークラブの「親睦」Fellowshipとはお酒を飲んだりゴルフをする事だけでははく「共通の理念」を持った仲間同士の交流により、奉仕の理想が生まれると考えます。
親睦の中から奉仕の理想を生み出すには、ロータリー活動が楽しくなければなりません。
 楽しいクラブにするためには、魅力的なクラブであり続けることです。 
クラブ行事に積極的に参加できる環境を、例会や、委員会、クラブ協議会、各クラブや同好会活動などを通じ、会員相互の”和”と奉仕の”輪”をテーマに、興味が”涌く”ロータリークラブで ” I Serve!” (私は奉仕する)自分に合った何かを、見つけて頂きたく思います。

諸先輩が築き上げられた大阪城北ロータリークラブ40年の伝統と格式を重んじながら、 若いロータリアンもベテランのロータリアンも、時代に即したロータリー活動を楽しむ事の出来るクラブ運営を目指したいと思います。

今年度より2660地区が推進する、クラブ戦略計画(将来の構想)委員会を立ち上げます。
和く輪くするロータリーにするためにも、回転する二枚の24個の歯車(奉仕と親睦)相互理解を深めていきたく、皆様のご指導と、ご協力をお願い申し上げます。

具体的目標
1)桑原奨学金に次ぐ新たな国際奉仕事業の構築に向けてホップの年とする。
2)クラブ戦略計画委員会の立ち上げ
3)3名の会員純増
4)女性会員の比率UP
5)My Rotary登録50%以上

 


Rotary Shares

国際ロータリーテーマロータリー:変化をもたらす



フォトアルバム
フォトアルバム
 

国際ロータリー第2660地区


http://www.ri2660.gr.jp/
 

四つのテスト

四つのテスト 言行はこれにてらしてから 1)真実かどうか 2)みんなに公平か 3)好意と友情を深めるか 4)みんなのためになるか

1932年、ロータリアンのハーバート J. テイラーが「四つのテスト」を作り、その11年後、ロータリーはこれを倫理規範として採用しました。以下の問いに示されたこのテストは100カ国語以上に翻訳されています。


acrobat
PDFファイルを開くにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は上記アイコンをクリックしてください。